ウユニとマチュピチュへの安い行き方の費用や料金は?ツアーか個人手配か

こんにちは。kikiです。

死ぬまでに一度は訪れたい旅行先として

最近人気なのが

この鏡張りの光景で有名な

ウユニ塩湖ですよね!

水に反射した雲の上を歩くと

まるで空を歩いているみたいな写真も撮れるので

まさにフォトジェニックで

インスタ映え間違いなし!

さらに、ウユニ塩湖のツアーといえば

大体のプランにマチュピチュも

訪れるようになっています。

私はどちらかというと

このマチュピチュにずっと行きたくて

プランを練っていました。

でも、ツアーを探すと大体が

60万〜90万

と、冬のボーナスが吹っ飛ぶような

高額な旅行費用がかかるので、

どうしようかなーとかなり迷っていました。

しかし、

たまたまツアーを探しに訪れた某旅行代理店で

飛行機を個人手配する、という方法だと

費用がかなり抑えられることがわかりました!

その旅程や値段をこちらに記録しておこうと思います。

スポンサーリンク

ウユニ塩湖とマチュピチュへの行き方

まず、ウユニ塩湖もマチュピチュも

南米にあります。

南米への直行便は

アエロメヒコやANAでメキシコへ飛べますが、

ウユニ塩湖はボリビア共和国に、

マチュピチュはペルー共和国にあるため、

どうしても乗り継ぎが必要になります。

私がウユニ塩湖とマチュピチュに行った時に

取った飛行機のチケットは

なんと

①成田を出発し、アメリカのダラス国際空港へ

②ダラス国際空港からマイアミ国際空港へ

③マイアミ国際空港からボリビア共和国の首都ラパスへ

④首都ラパスから国内線で45分のウユニへ

⑤ウユニからラパスへ戻り、

⑥ラパスからはペルー共和国のクスコへ

⑦クスコからペルーの首都リマへ飛び、

⑧リマからアメリカのダラス国際空港へ

⑨そしてようやくダラスから成田へ飛んで帰国

という9本を乗り継いでの旅になりました!

①〜⑤までがウユニ塩湖への旅程で

⑤〜⑨までがマチュピチュへの旅程です。

本来であれば、

最初にマチュピチュを訪れる方が

身体に負担はないと言われています。

なぜなら、ラパスは標高4500mにある町。

我らが富士山の3300mより

さらに1000mも高所にあります。

そのため、いきなり行くと

高山病を発症する可能性があるため

ツアーでは大体マチュピチュから訪れ

徐々に身体を高所に慣らして行くプランが

一般的のようですね。

とはいえ、

マチュピチュも2500mのところにある遺跡なので

高所であることには変わりないですし、

稀ではありますが、

ウユニ塩湖だけのツアーも存在するので

ウユニ塩湖から行くプランでも

体調に気をつければ

そんなに無理な計画ではないなと感じました。

スポンサーリンク

飛行機料金はいくらかかる?

まず、私が予約したのが飛行機の座席でした。

というのも、旅行会社で予約してもらった方が

諸々安く済んだし、特にボリビアの国内線が

自分で取るのは結構めんどくさかったので

旅行会社にお願いしました。

そうすると、全て自分で手配するよりも

10万円ほど安く済みました!

やはり、旅行会社さんがまとめて手に入れた

座席チケットの方が格安だったりするので

一度見積もりは出してもらうべきですね。

で、肝心の値段ですが、

私の場合、

燃油サーチャージや空港使用税など

全て込みで21万円でした。

これはかなり安くできましたね!

使った航空会社は、

①〜③アメリカン航空、

③〜⑤はボリビアの航空会社、

⑥〜⑨もアメリカン航空を利用しました。

なるべく同じ航空会社を使った方が

料金が安くできますので、

日程に融通がきくならば

何通りかのパターンでチケットを検索してもらい、

安く行ける出発日を選んだ方がいいと思いますね。

スポンサーリンク

ウユニとマチュピチュ旅行の旅費総額は?

飛行機を手配したら、次に探すのがホテルですね!

結論から言うと、

南米のホテルはよっぽどの贅沢をしなければ

一泊1人5000円出せば安全面でも衛生面でも

問題ないホテルを予約できます。

現地で出会ったバックパッカーさんは

1泊500円くらいのドミトリーに

泊まったりしていましたが

さすがにそれは怖かったので

私は結構宿泊代は贅沢をしたと思います。

宿泊代は、4泊分で約330ドルほど。

2015年当時のレートで

約35000円ほどで済みました。

さらに、ウユニ塩湖で

一番高い塩のホテルに一泊した料金が

120ドルとちょっと値が張りましたが

塩のホテルは絶対泊まるべきなので

ケチるべきではないですね!

それ以外にも、

ウユニ塩湖でのツアー料金もケチらずに

星空ツアーに1日ツアー、そして夕日ツアーと

3パターン全てに行きました!

ツアー代金は車1台で約130ドルという相場なので

どれだけ一緒に行く人を募れるかで

1人あたりの費用が決まります。

最高8名まで一緒に行けるので、

そうすると1人あたり17ドルほどになります!

そうすると1人2000円くらいで行けますね。

大きくかかるお金はこの辺りですね。

詳しくは別のページで説明しますが、

この9日間の旅でかかった

総額は、約1600ドル。

日本円で約17万円でした。

よってウユニ塩湖とマチュピチュ旅行では

総額38万円

で行けてしまったことになります。

道中、我慢したり節約することなく

むしろ安全と衛生面を最優先に考えて

お金を使いましたが、

相場の約半額で大満足の旅行ができました!

スポンサーリンク

ツアーか個人手配かどちらがいいのか?

もし、こういう手配の手間が大変だったり、

何かあった時のために日本から添乗員さんが

付いてきてくれた方が安心だと思う方は

ツアーの方がいいでしょう。

でも、ある程度旅慣れていて、

自分で色々と手配したり

現地で自由に行動したいと思う方は

個人手配が断然安いので、オススメですね。

ただ、ウユニ塩湖もマチュピチュも

かなり日本人旅行客が多い観光地なので

危険なことさえしなければ

意外と個人旅行は簡単にできる印象でした。

ツアーは安心ではありますが

個人手配していく旅も

なかなか味がありますので、

勇気があれば挑戦してもらいたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク