ギリシャの口笛会話の村はエビア島アンティア村!【笑コラコマツバーラ】

こんにちは。kikiです。

パルテノン神殿や最近ブームの地中海料理で

有名なギリシャ。

私も世界で一番好きなヨーグルトは

ギリシャヨーグルトです。

そんなギリシャに、あの笑ってコラえての

コマツバーラこと小松原ディレクターが

やってくるとのこと。

しかも訪れる村は

口笛で会話する村」だというので

すごく気になって調べてみました!

スポンサーリンク

エヴィア島アンティア村への行き方は?

ギリシャへは、日本からの直行便がありませんので

日本から行く場合は、

中東のドバイで乗り換えて約14時間ほどで

首都のアテネへ行く必要があります。

そして、ギリシャはいくつもの島国で

構成される国です。

有名なところは、

サントリーニ島や

ミコノス島ですね。

新婚旅行で訪れるカップルも多いですよね!

今回取り上げるエヴィア島も

かつては本土と繋がっていましたが

太古の昔に地震で分離し、島になりました。

このエヴィア島はギリシャの島の中で

2番目に大きい島で、

本土と橋でつながっているため

陸路移動が可能です。

もちろん、フェリーでも行くことができます。

多くの島が船での移動が必須な中で、

陸路で行ける島は珍しいので

嬉しいですね!

そして今回の口笛で会話する村は

アンティア村といい、

こちらへは車で行かないといけないようです。

スポンサーリンク

アンティア村の口笛の歴史は?

アンティア村には、英語でもギリシャ語でもない

独自の「言語」が存在します。

それが「口笛」です。

文献が残っていないので定かではありませんが、

2500年以上も前から

村人は口笛で会話をするのです!

ギリシャ語のアルファベットに

全て音程を与えて、本当に一文字ずつ

普通の会話をするように発音しているのです。

この口笛言語を、「最古のツイッター」と

表現したジャーナリストもいました。

なかなか言い得て妙ですね!

この口笛が言語として発達した背景は

きちんとわかっていないのですが、

エヴィア島は昔から色々な国に支配され、

ギリシャに所属したのも1830年と意外と最近です。

もともと山深い土地ですし、

遠くの人とコミュニケーションを取るために

言葉ではなく口笛を用いたと考えるのが

有力な説のようですが、

色々な国に属してきたという時代背景も考えると

「独自の言語」として口笛を守った

とも考えられないでしょうか?

まさか、口笛を吹いていても

会話をしているなんて普通は思いつかないですよね!

秘密の会話も口笛ならば可能だったでしょうね。

アンティア村に日本人は来たのか?は次のページで!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク