マルセイユ(フランス)旅行のオススメのお土産は?治安や注意点は?

こんにちは、kikiです!

突然ですが、フランスの南プロヴァンス地方にある

「マルセイユ」という場所皆さんはどれくらいご存知ですか?

Vieux port

(出典:フランス観光 公式サイト

マルセイユというのはフランス最大の港湾都市

さらに最古の都市とも言われています。

その歴史はなんと紀元前600年にまで遡るのだとか。

日本からフランスへ最初に訪れたとき、当時は当然

飛行機なんてものはありませんので船で向かいます。

ですので、日本人が初めて「フランス」という国に

足を踏み入れたのは

このマルセイユの土地だったんだなと思うと、

なんとなく旅行で行くときにも

感慨深い気持ちになりませんか?

いまでは、南フランスというとすっかり

「バカンスで行くところ」というような

明るいイメージがついている方も多いかもしれません。

また、アレクサンドル・デュマが書いた

「モンテ・クリスト伯」という

有名な小説はマルセイユにある

イフ島が舞台になったことでも知られています。

今回はそんなマルセイユについてご紹介します。

  1. オススメのお土産は?
  2. 治安や注意点は?

スポンサーリンク

オススメのお土産は?

フランスのなかでもプロヴァンス地方と言えば

ブイヤベースなどの地中海料理や、

広がるラベンダー畑など、

どこか開放的な雰囲気のイメージが

ついている方も多いと思います。

たっぷり遊んだら、せっかくなので

素敵なお土産もゲットしたいですよね!

①ラベンダー

夏に広がるラベンダー畑は憧れてしまいますよね!

(出典:フランス観光 公式サイト

そこで収穫されたものがお土産屋さんでは

多く販売されています。

定番のポプリから、オイル、練りこまれた石鹸に、

ラベンダーソルトなんかもありますので

ぜひ訪れたさいはいろいろと

チェックしてみてくださいね!

②セミのグッズ

日本ではどちらかというと嫌われ者な

イメージですが、南プロヴァンス地方では

「幸福のシンボル」と愛されているセミ。

短い夏のあいだのためだけに

生きているということで「忍耐強い」

という意味合いにとられていたり、

とにかく夏!!ということで、

南仏を旅行したらとにかくあちこちで

見ることがあると思います。

キーホルダーやブローチな陶器の置物など

サイズも様々にありますので、

ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

③石鹸

フランス土産にオススメ! キュートで高品質なマルセイユ石鹸♪

マルセイユといえば「石鹸!」というくらい

今ではすっかり有名ですよね。

このマルセイユ石鹸は、天然素材100%の原料だけで

作られており、旧フランス王室も御用達だそうです。

とても肌に優しく赤ちゃんに使っても

いいくらいなのに顔だけでなく体や髪にも

使えるくらい洗浄力が強いというので驚きですね。

どうして、それほどまでに良い品なのかというと、

サボン ド マルセイユ」を名乗ることを許されているのは、

17世紀にフランスのルイ14世が定めた

厳しい製造の基準を守っているものだけだからだそうです。

なので、販売されているものは全て

その基準を満たしているということで

高品質のものになるんだそう。

わたしも訪れた際に購入しましたが、

洗い上がりのつっぱりなどが

ほかの石鹸よりも少なくとても気に入っています。

スポンサーリンク

治安や注意点は?

多くの観光客が訪れるバカンスのための街であることや、

地中海を挟んだ反対側がアフリカ大陸ということもあり、

フランスのなかでも移民が多い街である、マルセイユ。

旅行に行くとすると心配なのが治安だと思います。

ネットではとにかく治安が悪いことで

有名なマルセイユですが、

わたしが旅行したときはそこまで

悪い印象は受けませんでした。

もちろん人通りが少ない道や、

壁に落書きが多い場所は避けて歩く

などの最低限の注意は必要です。

大通りを通り、暗くならないうちに

ホテルに戻るなどの海外を旅をする際の

当たり前の部分にさえ気を付けていれば、

マルセイユの街は充分に満喫できると思いますよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

なんといっても海の美しさがほかの国よりも

ダントツだったことが

とても印象に残っているマルセイユです。

美味しいごはんや、楽しいお土産の数々も

ありますのでぜひ訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク