ブルージュ(ベルギー)への行き方やオススメのお土産は?日帰りも可能!

こんにちは、kikiです!

「北のヴェニス」とも呼ばれるくらい美しい町

「ブルージュ」をみなさまご存知でしょうか。

ベルギーの北、フランダース地方にあるこの町は

ブルージュ(橋)という名前のとおり

いくつもある運河にたくさんの橋がかけられていて

中世のころの町並みがそのまま残り、

まるで童話から出てきたようなとても可愛い町です!

また、どこを見ても美しい町並みから

「屋根のない美術館」とも呼ばれているくらい

とても美しい町で、世界遺産にも認定されています。

今回はそんな「ブルージュ」の町をご紹介したいと思います。

  1. ブルージュへの行き方は?
  2. オススメのお土産は?
  3. ブリュッセルから日帰りも可能!

スポンサーリンク

ブルージュへの行き方は?

ブルージュは小さな町なので

日本から直接行けるルートはありません。

まずはベルギーの首都ブリュッセルまで行き、

その後でブルージュまで行きましょう。

ICと呼ばれる快速鉄道に

乗っていくのが一番早いルートでしょう。

これは日本で言う新幹線のようなもの

で都市間高速とも呼ばれる電車です。

ブリュッセルからは

大体1時間10分くらいで着くことが出来ます。

特に予約の必要のない電車ですし

乗り換えなしでブルージュの町まで

行けるのでとても便利ですね!

スポンサーリンク

オススメのお土産は?

①チョコレート

ベルギーといえば、チョコレートやビールなどが

とても有名ですが、このブルージュの町でも

その二つを販売しているお店がたくさんあります!

特にチョコレートは道を歩いていて、

見かけないことはないのではと

思うくらいたくさんの専門店があります。

今回特にオススメしたいのは

「チョコレート・ライン」という

ブランドのチョコレートです。

(出典:チョコレート・ライン

創業者のドミニク氏がパティシエという

イメージとはちょっと違うワイルドな

見た目なことでも有名ですが、

売られているチョコレートも変わったものが

多くぜひ食べてみたいと思うようなものがたくさんです。

(出典:チョコレート・ライン

日本的(?)なわさび味や柚子味、醤油味もありますし、

カレー味やコリアンダー味、コカ・コーラ味

なんていうのも気になりますよね!

また、チョコレートのリップスティック

なんていうのもありますので甘党の方へのお土産に

ぴったりなのではないでしょうか。

lipstick

(出典:チョコレート・ライン

もちろん、オーソドックスなチョコレートもあり、

大変おいしいのでお店を見かけたらぜひ入ってみてください!

②ベルギーレース

食べものだけではなく、ブルージュは

「レースの町」としても有名で

綺麗に織られたレースの飾りを

販売している専門店が数多くあります。

ベルギーレースと呼ばれているレースは

ブルージュでは「ボビンレース」というもので

いくつものボビン(糸巻き)を交差させながら

編み上げていくものです。

お店で買うことはもちろん可能ですが、

このボビンレースを実際に体験することが

可能なお店もありますので実際に

手作りしてみてもとても楽しそうですよね。

とても繊細で美しく出来ているレースは

ぜひ大切な方へのお土産にしてみてください。

スポンサーリンク

ブリュッセルから日帰りも可能!

上記にも記載したようにICを使えば

ブリュッセルから約1時間10分

行くことが可能なブルージュは

日帰り旅行にぴったりな場所です。

ベルギー旅行を考えているのであれば

魅力たっぷりのブルージュに

一日足を延ばして行ってみるのも良いでしょう。

また、一時間ちょっとという立地の良さから、

ブリュッセルだけではなくオランダやフランスからも

行くことが可能なのではないでしょうか。

行きやすい、というのも魅力の一つですよね!

まとめ

いかがでしたか?

同じベルギーといえど、ブリュッセルとは

また違う魅力が詰まったブルージュの町は

とってもオススメなので、ぜひ訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク