フランクフルト(ドイツ)旅行が安い時期やベストシーズンは?クリスマスマーケットも綺麗!

こんにちは、kikiです!

商業都市として世界的に有名な

フランクフルトの街ですが、皆さんこの街のことを

どれくらいご存知でしょうか?

フランクフルトの正式名称は

「フランクフルト・アム・マイン」と言い、

ドイツ全体でも第5の都市と言われるくらい

人口の多い街です。

その歴史は古く、794年に書かれたとされる

文書のなかですでにこの街が「フランクフルト」だと

書かれていたくらい古い歴史をもつ街なんです。

現在は国際金融の中心地として栄えている

この街は、同じく商業都市として有名なアメリカは

ニューヨークの「マンハッタン」ならぬ

「マインハッタン」とも呼ばれているそうです。

(フランクフルト・アム・マインからきています)

ちなみに皆さんもよくたべているであろう

「フランクフルトソーセージ」

もちろんこの街が発祥のものです。

(出典:Wikipedia)

ドイツにはいろいろなソーセージがありますが、

この名前がいちばん馴染みがあるのではないでしょうか?

こちらはフランクフルトでも特に古くからある料理の

ひとつで豚肉で作られたものが一般的です。

このフランクフルトソーセージにさらに

特産であるリンゴ酒を一緒にいただいたら

フランクフルトらしさが

満喫できるのではないでしょうか?

ぜひ現地に行かれる際は召し上がってみてくださいね!

今回はそんなフランクフルトの街をご紹介します。

スポンサーリンク

フランクフルト旅行が安い時期やベストシーズンは?

ドイツ全体の気候は大体北海道と

同じくらいだと言われています。

ですので、冬はとても寒く、

また日照時間もとても短く

夕方の4時を過ぎれば

もう暗くなってしまいます。

ですので、旅行の時期としては

冬は観光しづらいことも多いですが、

その分航空券などは安くとることが可能です。

まだうっすらと寒い3月下旬ごろやGWの明けた5月下旬ごろで

あれば直行便でも10万円前後で行くことが可能になります。

スポンサーリンク

12月はクリスマスマーケットが開催

また、冬真っ只中ではありますが、12月に入ると

ドイツ全体としてクリスマスマーケットが盛大に開かれます。

(出典:Wikipedia)

商業都市として有名なフランクフルトですが、

クリスマスマーケットの歴史としてはなんと世界最古なんです。

始まりは中世時代まで遡るのだとか。

今でももちろん盛んにおこなわれており、

屋台の数は世界でも最大級の多さ!

ということで毎年300万人以上の観光客が訪れます。

特に盛んなのは旧市街地にある「レーマー広場」のあたりです。

こちらは木組みの家が広場全体をぐるっと囲んでいる

とても可愛い広場なのですが、クリスマスの時期になると

メリーゴーランドが設置されたりライトアップがされたりと

とても綺麗になるので、この時期にフランクフルトを

訪れるのであればぜひ行ってみてくださいね!

しかし、気候や過ごしやすさという観点から見ると

ベストシーズンということであれば、

5月ごろから10月がベストです。

夏のフランクフルトは気温が高くても

湿度が低いのでとても過ごしやすいですし、

また夜は遅くまで空が明るいので

観光する時間も長くとることが出来ます。

ドイツといえばビール!なので、ビールの

美味しく飲める季節もやはり冬よりも夏ですしね。

また、ここフランクフルトから始まる「ロマンチック街道」

観光したいということであれば、紅葉の季節に行けば

色鮮やかな紅葉と中世を感じることのできる町並みを

みることも出来ますのでより楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

フランクフルトは食べるものも魅力的なものが

たくさんありますし、観光地としても年中楽しむことが

出来るとても素敵な街だと思います。

せっかく行くのですから、自分にとってベストな

タイミングで行ってフランクフルトの街を

満喫してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク